ホーム > サービスの特長 > コンプライアンス

サービスの特長/コンプライアンス

 

コンプライアンス方針

“ワールド工業は、コンプライアンスにおいても同業他社をリードしている”と評価される姿が私たちの目指すところです。

ワールド工業においては、社長以下の全役職員が「最早、コンプライアンスは、ライバル他社に打ち勝つための単なる競争条件ではない。いまやコンプライアンスは、人材会社として取引先様やスタッフ、社会から選ばれるための、会社存立の不可欠な前提条件である。」との基本認識を一致共有しています。
このような認識の下、ワールド工業では、法令等に基づいた雇用管理の適正化やトラブルの防止、請負・派遣事業の適正な推進、社会保険等への適正な加入、個人情報の保護はもとより、コンプライアンス重視の企業風土の醸成と明朗な事業運営により会社の内外から信頼を得、取引先様やスタッフから選ばれる人材会社への持続的発展を目指して確かな歩みを進めてまいります。

コンプライアンス体制

コンプライアンス体制 全体図

コンプライアンス体制 全体図

コンプライアンス部門の人材確保

コンプライアンス部門を営業部門と同等に位置付け、本社に法務関連セクションとして「コンプライアンス担当」とともに「法務課」を設置し適切な規模と人材を確保し、コンプライアンスの推進・徹底を図っています。

営業の最前線である営業拠点には、「コンプライアンスリーダー」を配置し、労働基準法令、労働者派遣法令、労働安全衛生法令等の労働関係法規や各種社会保険法令、個人情報保護法令等の諸法令が遵守される体制を敷いています。


PAGE TOP

 

コンプライアンスについての取り組み

教育啓発活動

  • 派遣関係手続きマニュアル、人材派遣の法務Q&A、個人情報保護規程、営業マニュアル(法令編)、内部監査規程その他の教育啓発資料を設置するほか、コンプライアンス上必要な情報を「注意喚起」等の形で本社より随時発信しています。
  • 幹部社員への教育啓発は勿論のこと、社員の採用時だけではなく入社後の集合研修時に法務研修等を実施し、社員の法務知識とコンプライアンス意識の向上に取組んでいます。

教育啓発活動


また、安全衛生課においては、安全衛生活動の一環として労働安全衛生法令の遵守の指導・教育に取組んでいます。

モニタリングの実施

  • 監査担当と関連部門による各部門・支店の業務執行状況の監査を行うことにより、法令等遵守状況をもチェックし、問題を発見した場合には(代表)取締役に報告するとともに改善を指導しコンプライアンス体制の強化に努めています。
  • 法務課は、監査担当等と連携する外、日々の業務における契約書や決裁書類のチェック、その他日常の法務相談を実施する過程で発見したコンプライアンス上の問題点の解消や未然防止に努めています。

モニタリングの実施


PAGE TOP

 

法令の遵守と機密保持

守るべき主要法令

  • 労働基準法令
  • 労働者派遣法令
  • 職業安定法令
  • 労働省告示第37号
  • 労働安全衛生法令
  • 雇用機会均等法令
  • 各種社会保険法令
  • 個人情報保護法令
  • 出入国管理法令
  • 会社法 等

個人情報保護

  • 個人情報保護方針および個人情報保護規程を制定し、社内の管理体制を整備しています。
  • 入社時等において、個人情報保護マニュアルに基づき教育を実施し、社員の意識向上を図っています。
  • 相談受付窓口を定め、即座に対応できる体制を整えています。
  • 情報機器による個人情報の操作・保管は、権限を持つ社員のみが行っています。
  • ホームページでのデータ送信はSSL通信による暗号化により安全性を確保しています。

個人情報保護


機密保持

  • スタッフの入社前教育において、就業規則に記載された守秘義務を説明し、機密保持意識を持たせています。
  • スタッフ採用時には機密保持を記載した誓約書を取り交わしています。

機密保持


PAGE TOP